記憶に残すために

なんとなく、ブログの更新から遠ざかっておりました。

ネタがなかった訳ではありません。

本来であれば。。。

4月7日、水曜日。うちの3番目の末っ子が小学校入学で、酔っぱらい、自慢の日記を書くはずでした。


小学校の入学式終了後、自宅への帰り道、実家に寄った、私たちです。(これから、毎日、お世話をお願いするので、そのお願いもかねて^^;)

と、じいちゃんが言うには、飼っている犬の様子がおかしいと。


もともと、

じいちゃんの退職を期に、ぼけ防止のために私が知人から頂いたワンこ。

母は血統書付きのビーグルだけど、父親不明の雑種犬です。^^;

例えるなら、外見は垂れ耳だけど、体格は柴…みたいな。


なんやかんやで、数え年で15歳。異常があってもおかしくはない歳ではあります。


でも、ちょっとおかしいので、近くの動物病院へ。


採血して、遠心分離かけられた血液の上澄みをみて、そのとき既に、心の中では
あきらめていたかも知れない。(だてに、この業界にはおりませぬ)

めっちゃ、黄色い。。。。

その後の成分分析でも、ほぼ、異常値。


で。


金曜に、逝きました。


その夜のうちに、明朝の火葬やら何やらの手配をすませ、土曜に埋葬まで済ませました。

末っ子の小学校入学を待って、自分の役目は終わりました。。。みたいな。。。

とても、あっさりと逝ってしまいました。

正直、じいちゃんよりは、長生きするんじゃね?と、思っていたのですが。。。



なんか、このことを、文字にするまで、ほかのことをアップする気にはならなかった。です。

今では、逝ってしまったワンコの思惑通り(?)、3人のチビたちが思いっきり両親に世話になっています。


改めて、


合掌。





さ、


これから、たまったネタ、放出。しよ。
[PR]

by nonn-21 | 2010-06-14 08:51 | etc.  

<< はやぶさ、ご苦労様 マイミクの皆さんへ、お詫び >>